同期の飲み会ではじめてのクレカあるある

同期の飲み会で、はじめてのクレカあるある話で盛り上がりました。会社で最初のボーナスが出たときに、これだけ収入があるなら大丈夫かなと作ったカードです。使うというより、キャッシュバックキャンペーンが目当てでした。翌週、書留が届いているなと思ったら、先日のクレカでした。クレカを作ったのを昼食のときに話したら「それ、お金いくら借りれるの?」と聞かれて確認すると、クレカのキャッシング枠というのがあって、自分の月収より多い金額を本人確認なしに(カード作るとき確認しているので)、借りることができるのに気づきました。財布の中にはせいぜい2、3万しか入れていなかったので、一気にそれが何倍にもなったようで怖いなと思ったものです。一番短い時間でキャッシングをしたい人は、運転免許証など本人確認書類を用意した上で自動契約機を利用して申し込んでみましょう。それが一番簡単で、審査結果も短時間で出てくるので、急にお金が必要になったときには最適です。キャッシングだけでなく、お金を借りるときには調査期間に信用状況を確認し、勤務先に在籍調査をして審査しています。期限までにきちんと返済すること、借り入れ時点で安定した収入を得ているなど、借りたいプランに必要な条件を満たすことが必要です。無職だとキャッシングの申し込みをしても審査に通らないと思われがちですが、言われているほど難しいことではありません。オークション関係で稼いでいる人、アフィリエイトの収入がある人も自営業になりますし、その間の経歴を「フリーター」と書けば本当の無職の人は少ないものです。ただし、あちこちの会社から借り入れしていたり、全ての借り入れを合わせた金額が多すぎる人、在宅確認に応じなかった場合などは審査に通りませんので、自分が当てはまるかどうか考えてください。大学生の弟が、バイクの購入資金に充てるためにろくに考えもしないで、キャッシングサービスに手を出していたことが露見し、親に知られたのです。弟の通う大学は実家から遠く、そちらに下宿していたこともあり、キャッシングサービスを利用していた事実を家族の誰もわかりませんでした。しかし、弟が支払いをきちんと行わなかったせいで親に督促の連絡があったので、最終的に親の知るところとなってしまったという顛末です。持つべきものはなんとやら、最後は親が返済を済ませてくれました。もちろん、弟はかわいそうなぐらいものすごくお叱りを受けていました。カードローンやキャッシングで借り入れた額を返済するときには、一括・分割・リボの中で、リボ払い(フレックス払い)の利用実績が伸びてきています。総返済額は一括返済より増えますが、なんといっても月々の返済額が一定なので、光熱費がひとつ増えるような感覚でコツコツ返済できます。あとから必要に迫られて借り入れしなければならないときも、融資条件までなら借りれて、しかも一度決めた月々の返済金額は変わらないので、無理のない収支計画がたてやすい点も利用者には好評です。

2017年1月12日 同期の飲み会ではじめてのクレカあるある はコメントを受け付けていません。 未分類